お店の前にあると活気の印象がまるで違うのぼり旗を、さらに効果的に配置するには

繁盛店ののぼり   のぼり旗の印刷における生地の種類について

のぼり旗を効果的に設置する繁盛する店にはやっぱり秘訣があります。
立地しかり、サービスしかり。

その中でも、のぼりの使い方にも
繁盛店ならではの秘訣がありました。

だいたいのお店がとりあえずのぼりを作って
何となく店の周りにおいていませんか?

周りに置く

だいたいみんな最初はそんなものです。
のぼり旗の印刷はフォーマットを利用すると簡単です。

けれど、本当に基本的なことでも意外とみんな知らなかったり
ちょっとのことで改善したりすることがあるのです。

テクニックというほどでもなく、本当にちょっとした広告のコツです。
例えば、シワのあるのぼりと無いのぼり。
どちらが見ていて好感が持てるでしょうか?
こんな風に聞かれると簡単に出てくる答えも
意外と実行していないところが多いのです。

せっかく費用をかけてのぼりを製作するのですから
効果が大きい方が良いでしょう。

費用をかける

そこで、ここでは少しのコツをお伝えできればと思います。
のぼりを活用しているところでは、一度見直してみてください。
目からうろこなことがあるかもしれません。

さぁ、繁盛店から盗むのぼりの使い方の秘訣をお教えします。

 

のぼり旗制作で重要な働きをする「色」の持つ効果や影響とは

のぼりで集客力をあげるうえで重要なのは、色が人間の認識に与える影響です。

心理学では色が人間の意識に関与することは明らかと考えられており、色彩をもとに心理の動向を研究する色彩心理学というジャンルも成立しているほどです。
色がどのように人間の認識に関与するのかを考える一例として、自分が周囲が真っ白の部屋にいる状況を想定してみましょう。
白いクロスが赤に突然変わったとしたら、全身が温かくなってきます。逆に青の場合は気分が落ち着き、クールダウンしてくるでしょう。
このように色彩は体感温度にまで関係することが、各種の研究で明らかになっています。

少し視点を変えると黄色をみると、なぜか金や財産を連想させるのも、よく知られています。
シンボルで用いられることが多い、緑は自然の環境をイメージさせるので、落ち着きや安心感を与えることができるのです。

このように色彩に対する印象で、人間の行動ひとつも左右することができます。この関係性を利用すればのぼりのデザインに、経営者が購買者に抱いてほしい希望を落とし込むことで購買意欲を喚起させることもかないます。
実際にどの色を基調にのぼりをデザインすることが決定したら、どの色の文字で書くのかも検討してみてください。例えばピンクや黄色のように明度の高いのぼりに、白で屋号や称号を印刷すると印象があいまいになってしまいます。
せっかく色で雰囲気や印象を演出した以上、文字の色も慎重に選ぶのがお勧めです。

 

ホーム | グラフィック | デザイン料 | リフォーム | レギュラーサイズ | ネット印刷 | 効果| デメリット| メリット| 生地| キビラ麻